恋愛がうまくいかない女性のために束縛を治す方法をまとめました【嫉妬しちゃだめ】

恋愛がうまくいかない女性のために束縛を治す方法をまとめました【嫉妬しちゃだめ】

こんにちは。アラサモテ子(@arasa_moteko)です。

恋愛がうまくいかない理由として、「彼氏に束縛をしてしまって、嫌われてしまう」というケースがとても多いです。

この束縛を治すだけで、恋愛がうまくいき、彼氏との幸せな関係を築けるようになりますよ。

束縛を治す「STEP1~STEP5」はご覧いただけましたでしょうか。

今回は束縛を治す方法の「STEP1~STEP5」のまとめを書かせていただきますね。

束縛をしてしまう原因は自分にあります

まず、束縛をしてしまう原因を知りましょう。

束縛をしてしまう原因、それは「あなた」に問題があるからです。

束縛をしてしまう最も大きな理由としてはあなたが以下のような問題を抱えてしまっているんです。

  • 自信がない
  • 独占欲がある
  • 忍耐力がない
  • 趣味など夢中になれるものがない

束縛をしてしまう最も大きな理由が「自信がない」ということです。

例えば、「彼氏に他の女性とあってほしくない」という気持ちは「あなたに自信がない」ということ「彼氏との信頼関係に自信がない」ということです。

もし、あなたに自信があれば、自尊心があれば、浮気でもなんでもないのに、彼氏が他の女性と会うことにいちいち文句を言う必要はないはずです。嫉妬する必要はないんです。

まずはあなたに自信をつけること、彼氏との関係に自信を持つことが大事です。

そして、「独占欲がある」というのも、あなたに自信がないことの表れです。「忍耐力がない」「趣味など夢中になれるものがない」これも、あなたに自信をつけるために必要なことです。

そうなんです。束縛をしてしまう全ての原因は「あなた」にあるということをまず認識してください。

まずは大きな目標として「自分に自信を持つ」ということを目指しましょう。

▶︎STEP1 「束縛の原因〜相手と自分の性格を知って束縛を治す〜」

束縛を治すためには?自分磨きをして自信をつける

次に束縛をしてしまう原因「あなたに自信がない」を解消させましょう。

自分磨きであなたに自信をもってもらいます。

では、どうすればいいか?

以下のステップで進めます。

  1. 自分の中の理想の彼女像・なりたい自分を書く
  2. その理想像に向けて自分磨きをする。
  3. 自分磨きができてくると自然と自信がついてくる。

まず、大事なことは「自分の中の理想の彼女像を紙に書く」ということです。

例えば以下のように

ですが、以下のようになりたい理想像を書きましょう。

私がなりたい彼女の理想像

ーメンタル編ー

  • 素直に甘えることができて、ツンケンしない、いつでも可愛いと言ってもらえるようにする
  • 友達や会社の人にも紹介してもらえるようにマナーやモラルもしっかりする
  • 彼が仕事が忙しくても、どうにか仕事を終わらせて10分でも会いたいと言ってもらえる魅力を出す
  • 彼のことを大切にできて、お互いに尊敬しあえる存在になる

ー外見編ー

  • 自分らしさを失わずに彼の好みなども取り入れて多少なりの好みに近づく
  • しぐさでおっさんを出さない
  • ボーイッシュな格好をやめて女の子らしくする

理想の彼女像はもちろん、愛される彼女を意識して書いてくださいね。

そして、紙に書いた項目を一つずつ実践していきます。

全部できなくてもいいので、ひとつずつ試してみてください。

そうすると、きっと彼氏の反応がかわってきますよ。

彼氏だけでなく、あなたの周りの人からも見る目が変わって、普段の生活もどんどん良くなっていきますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

▶︎STEP2 「自信をつけて束縛を治す方法ー自分磨き編ー」

束縛をしてしまう女子の考え方を知り、そして、やめる

「自分に自信をつける」という習慣を身に着ければ、束縛する癖は大きく改善されます。

さらに次に紹介する「束縛をしてしまう女子の考え方」を知り、この考えをやめるようにしましょう。

束縛をしてしまう女子は以下のような特徴があります。

  1. 悲劇のヒロイン症候群思考
  2. 連絡が待てず不安でいっぱいになる思考
  3. ずっと一緒にいてほしい独占欲思考
  4. 素直さを出せないあまのじゃく思考

まずは「1.悲劇のヒロイン症候群」です。

悲劇のヒロイン症候群とは、ちょっとした出来事、彼氏の発言、周りの態度を、悲観的・自虐的にとらえて、自分自身が傷つく方向にもっていくことをしてしまう思考です。

本当に最近の女性はこの「悲劇のヒロイン症候群」の人が多いです。

「悲劇のヒロイン症候群」の人はとにかく「自分の不幸アピール」が多いです。

自分が被害者、かわいそうと思われて、憐れんでほしい、かまってほしい、という自己顕示欲が強いです。

自分のことばかり考えてしまう人が多いんです。

その結果、彼氏が飲み会とかに行って楽しんでいるのをよく思わず、束縛をするような行動や発言をしてしまうんです。

ですので、これは絶対に治すようにしましょう。

治し方ですが、これも、あなたに自信をつけるということが大事です。

自分よりも相手の幸せを考えられるように意識していきましょう。

そのためにも上記でお伝えした「理想の彼女像を紙に書く」ということは絶対にしてくださいね。

その他、「2.連絡が待てず不安でいっぱいになる思考」「3.ずっと一緒にいてほしい独占欲思考」も、同じく、自分に自信がないことからでる思考です。

束縛をしてしまうのはこういった思考なんだなというのを知るだけでも全然かわりますからね。

最後に「4.素直さを出せないあまのじゃく思考」です。

これも、紙に書きだすの有効です。素直になれなかったシーンを振り返って理想の素直な自分を書いてみてください。

▶︎STEP3 「束縛心理の思考回路を変える方法ー束縛の治し方ー」

スマホ依存症を治す

「自分に自信をつける」「束縛をしている人の思考を客観的に知る」ということができれば、もう、かなり束縛思考からは脱却できています。

さらに、磨きをかけるために次のステップです。

それは「スマホ依存症を治す」ということです。

LINEの返信がすぐに返ってこないと、スタンプを送ったり、ワンコールしてしまったり、と、精神が落ち着かなくなってしまっていませんか?

それは、常にスマホをさわっていないと安心できない「スマホ依存症」になってしまっています。

「スマホ依存症」であることと、「束縛をしてしまう思考」とは、必ずしも結びつくものではありません。

ですが、「スマホ依存症」の人はついつい連絡が来ないか見てしまうので、束縛をしてしまうきっかけをつくってしまいます。

完全に束縛女子から卒業するためにも、理想の彼女になるためにも、「スマホ依存症」も治すようにしましょう。

「スマホ依存症」を治す方法は

  1. SNSをすべてやめる
  2. SNSで彼氏とはつながらない
  3. スマホ依存症解消法アプリを導入する
  4. スマホを触らない趣味をつくる
  5. 彼との共通の趣味をつくる
  6. 目の前のことに集中する

です。

特におすすめなのが、スマホを見ない彼との共通の「趣味」をつくることです。

例えば、友達がやっているフットサルとかテニスとか、スポーツをするのもいいですし、ホットヨガとか、美容にもつながるしいいでしょう。

ゴルフレッスンや英会話もおすすめです。できれば彼氏と一緒にできる共通の趣味がいいですね。

習い事などを初めて、とにかく、スマホをさわらない、さわれない時間をつくりましょう。

▶︎STEP4 スマホ依存をやめることで束縛癖を治す方法ースマホ依存編ー

束縛が原因で別れてしまった彼氏と復縁する方法 謝り方

束縛を治す方法は以上の4STEPで完了です。

では、最後に束縛が原因で別れてしまった彼氏との復縁方法をご紹介しますね。

  1. すぐにシンプルな内容で謝る。
  2. 1週間時間を空けます。
  3. 彼を怒らせて許して貰えない理由を考えます。
  4. 束縛を治す決心をし、治す方法を考え実行する。
  5. 1週間経ったら、直接会って謝ります。

まずは、素直に謝ることから始めましょう。

恐らく、彼氏が怒っている場合は直接会ってくれないでしょうから、LINEで誤りの文章を送ります。

いきなり送るのではなく、紙に書いて読み直してから送るようにしましょうね。

例えば以下のような感じです。

謝る言葉

「わたしが言いすぎました。
あなたを信じてるはずなのに、勝手に想像して自分のことばかり言って責めてごめん。
あなたの気持ちを考えてなかったです。
本当にごめんなさい。
別れたくないです。」

このくらいシンプルで大丈夫です。

あまりに長文はダメですし、返事がなくても、我慢して待つことです。

そして、彼氏からの返信を待ちましょう。

返事がなくても1週間以上は時間を空けるようにしましょう。

1週間も連絡がないと、やっぱり彼氏側も「おや?」と不安に思いますし、改めてあなたのことを考えるようにしてくれるはずです。

時間が解決してくれます。

そして、返事が返ってきたら、もう一度謝り、そして、今後は束縛をしなように、素敵な彼女になれるように、行動で示すようにしましょう。

直接会えた時の謝り方

会ってくれてありがとう。
こないだは本当にごめんなさい。
私が自分勝手に被害妄想してあなたを傷つけた。
好きだからこそ信用しないといけないのに真逆のことやってたね。
1週間あなたと離れるといろんなことが見えてきて、
わたし本当に束縛女だったんだってやっとわかった。

自分のエゴだったんだよね。
今まで何回も傷つけてごめんね。
わたしは別れたくない。
あなたの信用を取り戻したいからもう一度チャンスをください。

そうすれば、きっとまた、彼氏はあなたのことを離さなくなりますよ。

では、もし、1週間、2週間経っても彼氏からの連絡がなかった場合はどうすればいいか?

これも、さらに期間をおいて待つというのもおすすめです。

ですが、もう一つの方法として、あなたが彼氏を怒らせてしまった原因を改めて分析するということもしてみましょう。

具体的にあなたがどんなことをして、彼氏を怒らせてしまったのか。

それがはっきりしているのであれば、もう一度、そのことについて謝りましょう。

でも、決して長文はだめですよ。連絡も一度だけにしましょう。

これで、あなたに会ってくれる可能性はかなり高まります。

あとは、あなたの行動次第ですからね。頑張ってみてください。

▶︎STEP5 束縛が原因で喧嘩した時の復縁する謝り方ー謝る方法編ー

まとめ 束縛癖を治して素敵な彼女になりましょう

以上、恋愛がうまくいかない女性のために束縛を治す方法をまとめてみました。

大切なことは、「あなたが変わる」ということです。

束縛してしまう理由は「あなたに自信がない」からなんです。

この記事を見て、「自信のあるあなた」を目指してみてください。

そして、彼氏の良さを引き出してあげられる素敵な彼女を目指してみてくださいね。

※束縛を治す5STEPもお役立てくださいね。

▶︎STEP1 「束縛の原因〜相手と自分の性格を知って束縛を治す〜」

▶︎STEP2 「自信をつけて束縛を治す方法ー自分磨き編ー」

▶︎STEP3 「束縛心理の思考回路を変える方法ー束縛の治し方ー」

▶︎STEP4 スマホ依存をやめることで束縛癖を治す方法ースマホ依存編ー

▶︎STEP5 束縛が原因で喧嘩した時の復縁する謝り方ー謝る方法編ー


オタク向けの成功しやすい婚活方法まとめてます。

婚活方法ランキング ▶︎成功しやすいオタク婚活ランキングを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です